スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キリマンジャロ その2

1日目は、日本の樹林帯のようなところを歩いて行きます。

P1010043_convert_20120307103902.jpg

2時間ちょっと歩くと、お昼休憩。荷物もないし、楽ちんです。
ご飯に関しては、毎回改善されています。
1999年当時は、夜はパサパサのパスタ、昼はパサパサのパンのサンドウィッチだったのですが、
今回はお昼もチキン、りんご、サンドイッチ、マドレーヌ、クッキー、チーズなどなど。

トイレもちゃんとあります。

P1010047_convert_20120307104329.jpg

ここからまた2時間ちょい歩くと小屋到着。マンダラハット。2700m。

P1010048_convert_20120307104536.jpg

山小屋は、4人部屋か6人部屋。
ソーラーパネルで充電して、夜中は電気がつくようになっています。
(逆に昼間曇っていると、電気がつかない)

P1010051_convert_20120307104751.jpg

食卓はこんな感じ。
毎日1000m上がりますが、水平距離も長いため、登っている感覚はあんまりありません。
キリマンジャロは最終日だけが勝負の山。
それまでは、毎日5-6時間歩いて、お茶して、御飯食べてゆっくりする、という大名登山です。

それでも、標高が上がっているので体は順応していくのです。
スポンサーサイト
プロフィール

山田 淳

チョモランマの頂上でThinkPad

Author:山田 淳(やまだ・あつし)
株式会社フィールド&マウンテン代表取締役
「登山人口の増加」「安全登山の推進」がミッション。 登山道具の宅配レンタル 「やまどうぐレンタル屋」 新品・中古品販売 やまっ子

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。