スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

噴火の予知は困難なのか

御嶽が大変なことになっています。

被災された方には、謹んでお見舞い申し上げます。

ところで、そのニュースの中で、今後に向けて、という意味ではこの話が大事だと思うんですね。

御嶽山噴火「予知は困難だった」 気象庁、前兆つかめず

完全に素人的に、無知な中での感覚的に、地震よりは噴火の方が予測しやすいんじゃないかと思っていたのですが。

今回の件が、「予知はしていたがサイズ感がわからなかった」とか「危機感覚が薄くて、予知の情報が広まらなかった」、なのか、「予知できなかった」なのかは大きな違いがあります。
そして、気象庁が「予知できなかった」というコメントを出すということは、地震同じくまたいろいろな怪しい因果関係の予測が巷にあふれそうですが、「現時点の科学で確度の高い予測を出すのは不可能」ということなのでしょう。

どうしたらいいんでしょうかね。この火山の多い日本で、登山を生業としている人間としては頭が痛い話です。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田 淳

チョモランマの頂上でThinkPad

Author:山田 淳(やまだ・あつし)
株式会社フィールド&マウンテン代表取締役
「登山人口の増加」「安全登山の推進」がミッション。 登山道具の宅配レンタル 「やまどうぐレンタル屋」 新品・中古品販売 やまっ子

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。