FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アコンカグア挑戦記(2) 民宿アコンカグアはまるで山岳博物館

2月10日。シカゴ、ダラス、サンチアゴと乗り継いでアルゼンチンのメンドーサに辿り着きました。

メンドーサはアコンカグアの登山拠点となる町。ここで登山許可を取り、登山道具をそろえなければなりません。
今回は、食糧・登山道具のほとんどは日本から持ってきたのでここで準備するのは登山許可とガスカートリッジです。

以前は南米ではEPIガスのヘッドに合うガスカートリッジが売っていなくて、ホワイトガソリンを入手するか、キャンピングガスを利用するかのどちらかでした。今はDoiteという会社がガスカートリッジを販売していて、日本で使っているガスのヘッドがそのまま使えます。

メンドーサで2泊。1泊目は、、、とりあえず長旅の疲れを癒すために休息です。宿泊は、過去名立たる登山家たちが利用した民宿アコンカグア。以前の民宿アコンカグアからは移動して場所が変わったようですが、宿泊者名簿やその他資料はそのまま受け継がれていました。

民宿アコンカグアの壁は博物館1

▲植村直己さん、山田昇さん、今井通子さん、三浦雄一郎さんなどそうそうたるメンバーの名前がずらり

民宿アコンカグアの壁は博物館2

▲その右には長谷川恒夫さん

宿泊者名簿には植村直己さんの名前が

▲宿泊者名簿には植村直己さんの名前が
(中身は民宿アコンカグアの増田さんに宛てた手紙でしたので、写真は遠慮しました。是非行って見てください)

これまでの計画書、報告書がずらり

▲これまでの計画書、報告書の類がずらり。残念ながら事故の報告書も多かったです

いやぁ、まさに山岳博物館という感じの場所でした。
10年前に来た時には、バックパッカーでありながら、「日本人宿には行かない」というなぜか自分の中で決まりを作っていて来なかったのですが、(南米まで来て日本人と交流するより現地の人と交流したい、というような思いがあり)ここは来ておかなきゃいけない場所でしたね。
関連記事
18:無事で
本当に、本当にご苦労さま、京子さんがんばりましたね。そしてホォ!としたのも束の間チリ地震ニュウスで画像を見ながらやきもきしていましたが無事の知らせで少し安堵してます。対応に紛争している山田さんの姿が目に浮かびます。でも京子さんも心ずよくいられると思います。あとはバスがスムースに動き飛行機に乗れますことを夫婦して祈っています
20:Re: 無事で
マンカさん

そう、京子さん頑張りました。6700mまで上がるのは大変なことです。

自然災害は仕方ないですね。
明日、バスがスムーズに動いて、飛行機が飛んでくれれば一安心。もうひと息ガンバリマス。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山田 淳

チョモランマの頂上でThinkPad

Author:山田 淳(やまだ・あつし)
株式会社フィールド&マウンテン代表取締役
「登山人口の増加」「安全登山の推進」がミッション。 登山道具の宅配レンタル 「やまどうぐレンタル屋」 新品・中古品販売 やまっ子

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。