スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長野県警山岳救助隊に聞いた、事故対策に登山者に持っていってもらいたいもの3つ

 先日、長野県警山岳救助隊の航空班の方の講演をお聴きする機会がありました。
その中で、とても興味深かったのが、「登山者に持っていってもらいたいもの3つ」です。「発煙筒、のこぎり、赤スプレー」だそうです。登山の世界に20年以上いるのですが、発煙筒を持っていってほしい、という話ははじめてで、「その発想はなかった!」という感想。それも、理由もかなり論理的でした。

 日本全国で山岳遭難の統計をとると、道迷いがかなりの部分を占めますが、登山口の標高が高く、急峻な山が多い長野県では、一番多いのは滑落、転倒だそうです。滑落や転倒の場合、80%程度が縁での救助で、どれだけ早く病院まで搬送できるか、が肝になるそうです。
 まず、ヘリで救助できる状態であること。上記の3つよりももっと基本で大事なのが「ヘルメット」です。頭部の損傷を守ることはとても大事で、ヘルメットを被っていたから助かった事例はかなりあるそうです。
 ヘリが飛べても、要救助者がどの人なのかヘリから見つけられない、ということがやっかいだそうです。山ではヘリが来ても、不用意に手を振らないこと。だれが必要があって手を振っているか、だれがただの挨拶か、分かりません。
 樹林帯の中にいた場合、人側からは樹林帯の隙間からヘリを見上げられるけど、ヘリはそもそも真下を見ることができない上に、樹林帯の中の人までは見つけられないので、場所が特定できないそうです。実際に同じ事例のヘリからの人を見た写真と人からヘリを見た写真を見せていただきましたが、確かにヘリから人を見つけるのは大変だ、というのがよくわかりました。
 そのために必要なのが「発煙筒」です。発煙筒が焚かれていれば、すぐに場所が特定できて、病院までの時間が短縮化できるそうです。発煙筒を焚いて、それをヘリから見ている写真も見ましたが、確かに一目瞭然でした。
 
 場所が特定できても、樹林帯の中だった場合、半径2m程度の隙間がないと、人が降りられないそうです。そのために必要なのが「のこぎり」です。半径2m程度であれば、要救助者を動かすよりも周囲の枝を切り落とす方が早いようです。

 春山や冬山の雪の上では、なかなか要救助者をみつけられないようで、その時に役に立つのが「赤スプレー」だそうです。これは、雪の季節だけですが、確かに、見つけられやすそうです。

 ガイドをやっていて、事故の対策で持っていくもの、となると、非常食や笛を思い浮かべましたが、より実用的なお話を伺えました。
 
 長野県山岳遭難救助隊の弦間さん、大変勉強になりました。ありがとうございました!

アウトドア業界の情報ソースがまた一つ減ってしまった

夏の間、こういう調べ物もできませんでした。落ち着いてきたので、アウトドア業界のアレコレ調べておりました。

そしたら、ひっそりと、ナチュラムが外資系企業になっていました。

ソパージャ エス ピー アール エルによる当社株式に対する公開買付けの結果及び親会社の異動に関するお知らせ

半年近く前の話なのですが。アウトドア業界の動きとしては、コージツのTOB、山と渓谷の買収、岳人の事業譲渡等と並ぶ大型案件と言えるでしょう。


ナチュラムは、アウトドア、キャンプや登山や釣りのECとして名を馳せた会社です。
10年前ぐらいのECの売り上げランキングとかだと結構上位に出てきていて、ECブームに乗っかって上場を果たしています。
IRから分かる通り、後発のECに価格競争を仕掛けられ、苦しくなってきた、というところでしょう。

もちろん、手をこまねいていた訳ではなく、ブログ等でコミュニティ作りにはげんでいた訳ですが、もうブログでコミュニティ、ってシンプルじゃなく、よっぽど仕込まないとできない。それが比較的簡単だったのは、FBやtwitterがなかった頃の話。そこでも戦略をミスった感じ。

昨年から、IR見ても、前から存続に疑義、とかになっていた訳で、驚きは全くないんですが、なんかアレですね。ニッチ業界×斜陽業態という意味では、山業界×紙媒体、とか山業界×小売り、とかは同じ構造に見えますね。レンタルももうすぐ過当競争になって、値段が下がってきて(以下r。

もう一つ興味深いのは、確か私の記憶が正しければ、登山用品小売り大手数社もEC部門の配送をナチュラムの親会社のミネルヴァホールディングスの中の配送代行会社がになってたはずなんですよね。ミネルヴァはそれら+自社の配送を担当していて、販売データ等を全て収集できる状態だったはずで、それらを活用しても、ECの価格競争には勝てなかったのかなぁ。非常に興味深いです。ただ活用しきれなかっただけかもしれないけど。

業界を絞り込んでいても、ケンコーコムぐらいサイズがあれば、楽天へとかという手もあったんでしょうけど、いかんせんこのサイズでは。結局、吸収されていく先として、プラットフォーム側に行くか、アウトドアという軸でグローバル側に行くか、と言う比較で後者だったのでしょう。プラットフォーム側からは見向きもされないサイズ、というのはニッチ業界のつらいところです。

ところで、この買収の形はどっかで見たことあるぞ、と思ったら、コージツとバーグハウスによく似ています。バーグハウスが日本業界に参入する際に、コージツ株をゴールドマンサックスかどっかから買い取って、小売りチャネルを足がかりに参入してきた件。今は公開企業じゃないので、コージツの株主構成は分からないけど、コージツでやたらバーグハウスが売っているのはそういうわけです。

このニッチ業界はどうなるんでしょうね。とりあえず私としては、公開企業があんまり減ると、情報ソースがなくなって困ってしまいます。公開していても、ミズノとかスポーツデポとかみたいな公開大手企業の一部部門でのアウトドア、パタゴニアやブラックダイアモンドみたいな外資で日本は本の一部、だと情報ソースとしてはなかなか使いにくい訳で、コージツのTOBに続いてアウトドア小売りの情報が出てこなくなるのは悲しい限りです。

アウトドア×パブリック企業、だとティムコぐらいになっちゃいました。
スノーピークとかモンベルとかIPOしたりしないですかね。ないだろうなぁ。

山歩みち *編集アルバイト募集*

屋久島が2発中止、富士山も今年は2発中止で、ちょっと身体がなまり気味です。来週は屋久島にいる予定なんですが、どうなることやら。

さて、弊社で出しているフリーペーパーの山歩きみちが編集のアルバイトを募集しています。

以下、現アルバイトの吉田さんの fbから引用。

---
*編集アルバイト募集*
登山初心者向けのフリーペーパー「山歩みち」で編集のバイトをしてくれる1、2年生の子を探しています。
仕事内容は
・データ校正
・ページ構成
・読者プレゼントの発送
・冊子発送
・取材、イベントのお手伝い(たまに)
・モデル(たまに)
という感じです!時給は900円。会社が埼玉の東浦和にあるので、そこにアクセスしやすい場所の子がやりやすいと思います。
よいこと1 雑誌制作を学べる!
よいこと2 登山業界でお仕事している人たちと関われる
よいこと3 山行ける
よいこと4 編集長が素敵
よいこと5 会社がたのしい
わたしの就活のため、2人体制でやっていきたいと思っています。
興味のある方はお気軽にメッセージください!
山歩みち
http://www.sanpoweb.net
※「山歩みち」はFacebookで山の最新情報や制作状況を流してます!ぜひ「山歩みち」で検索していいね!をお願いしまーす(^o^)
---

編集長が素敵だけは、他人のことながら真っ向否定して訂正してお詫び申し上げたいところではあるのですが、それ以外は本当です。多分。あ、ただ、現バイトの吉田さんのあくまで個人的な感想ですからね。商品の効果・効能を確約するものではありません。

私は、「発行人」というポジションで、金庫番だけをやっておりますので、内容や業務はあんまり関わりませんが、伸びているベンチャー×出版・編集ってかけ算はなかなか面白いんじゃないかなーと思ったり。業務内容も地味ですが、きっとためになることばかりだと思います。

もし、気になった人は、
http://www.sanpoweb.net/
こちらからお問い合わせくださいませ。
プロフィール

山田 淳

チョモランマの頂上でThinkPad

Author:山田 淳(やまだ・あつし)
株式会社フィールド&マウンテン代表取締役
「登山人口の増加」「安全登山の推進」がミッション。 登山道具の宅配レンタル 「やまどうぐレンタル屋」 新品・中古品販売 やまっ子

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。